Top >  カロリーコントロール >  噛むこととダイエット

スポンサードリンク

噛むこととダイエット

よくダイエットをするなかで、ゆっくり噛んで食べなさいとか、内容によっては最低50回噛みなさい、といったりダイエットの本などがありますよね。
それには理由があり、人間は血糖値があがり、満腹感を感じるまでには、少し時間がかかるからです。
勢いよく、一気に食べてしまうと、満腹感を感じるまえに、必要以上のカロリーを取ってしまうことになります。
ですので、ゆっくり食べることにより、少量で満足できるようになり、カロリーも抑えることができる、結果ダイエットの成功へとつながりやすくなります。
わかりやすく例えると、ふわふわの柔らかいパンなら口の中ですぐになくなってしまうので、噛む回数も少ないですが、フランスパンのような固いパンだと、たくさん噛まないと食べれないので、ダイエット食としては向いているように思います。
アメリカでは歯ごたえのある生野菜(にんじん、セロリ、カリフラワーなど)をよく食べます。
日本人はあまり生では食べませんが、アメリカではそれを間食にしたりもするそうです。
よく噛むことに注意し、食事しただけでも、ダイエットに近づける成功法です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ダイエットの失敗は基礎代謝?  |  トップページ  |  次の記事 ダイエット、好きなものは食べられない?  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「簡単!ダイエットとカロリーコントロール」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。