Top >  カロリーコントロール >  太る人、太りにくい人

スポンサードリンク

太る人、太りにくい人

少しだけだからとジュースやソーダを飲んだり、一口くらいならいいかなと思いつまむお菓子。
あまりたくさん食べていないのに、どうしてこんなに太るの?と思っていても、その少しが知らず知らずのうちに回数を増して、気付けば蓄積され、肥満につながっているのです。
心理学で、太った人と痩せた人に同じ部屋にいてもらい、少しのあいだ待機、そのあいだに双方の食べた量を比べるという実験をしたという話があります。
太った人は、結構頻繁にいろんなものを少しずつではあっても食べていますが、痩せた人はあまり食べていませんでした。
その後、食べたものを覚えているか調べてみると、太った人はそんなに食べていないと思っているのに対して、痩せた人は何をどのくらい食べたのかということを、比較的はっきりと覚えていたそうです。
太った人は自分で思っている以上に、少しずつではあってもいろんなものを食べていたりするものなのです。
ですので、食べるときには意識を集中し、無意識に食べている自分をコントロールできるようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ダイエット継続するために  |  トップページ  |  次の記事 ダイエットの失敗は基礎代謝?  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「簡単!ダイエットとカロリーコントロール」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。